お買得な商品や、思いがけずいいなと思う商品が見つかるかもしれません。
アーティスト・声優シチュエーションCD(初回特典付ドラマCD)ほか、 発売元から、販売元までやっております。 他社商品もお気軽にお問い合わせください。
ホーム | 発売元 /販売元 /販売代理 商品 > 声優CD他 (ドラマCDほか)籠女ノ唄 〜吉原夜話〜 第四話 空木  CV:佐和真中
商品詳細

籠女ノ唄 〜吉原夜話〜 第四話 空木  CV:佐和真中[HKCS-0013]

販売価格: 2,160円 (税込)
数量:
籠女(かごめ)籠女( かごめ) 廓( かご)の中の女(とり)は いついつ出やる
夜明けの晩に 女(つる)と男(かめ)が滑った 後ろの正面だあれ――?

(籠女ノ唄 とは?)
江戸、吉原。極彩色を散りばめた囲いの中、
金に等しき紅を引き、艶姿で男を誘うは美しき遊女たち。
格子に囚われたその姿は、誰が言ったか籠の鳥。
一夜限りの相手に身を任せ、抱かれ散らされ、眠りゆく
。 終わらぬ夜に夢見るは、格子の向こうの届かぬ自由。
遊女の目覚めは、宵の始まり。
今宵も届かぬ想いに身を焦がし、籠女は唄を口ずさむ。
これは廓の内で紡がれる、色と悲哀の物語。

(あらすじ)
吉原遊郭でも指折りの大見世、小夜月屋。
かつて小夜月屋でお職を張っていた花魁の忘れ形見であるあなたは、
吉原の外の世界を知らぬまま、花魁候補として大切に育てられてきた。
禿から振袖新造となり突き出しを一月後に控えたある夜、
楼主東雲はあなたを自室に呼び出す。
生娘の振袖新造は、突き出しの前に水揚げを済ませなければならない。
楼主自らの手によって、あなたは男を教え込まれていく――。

脚本:御門蓮
キャラクターデザイン:トミダトモミ

発売元:花鏡

※18歳以上推奨 全編ダミーヘッドマイク使用

©2016花鏡

Facebookコメント
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス